ガラス清掃、高所作業資材販売、外装クリーニング全般請負

高所作業、清掃資機材紹介

■ 高所作業、清掃資機材ご紹介

弊社では高所作業において建物の高さ、建築条件、工事内容によりそれぞれの用途、立地に合った様々な作業機材、作業工法を用いて労働安全衛生法を遵守し総合的に効率的な作業をご提供いたします。

 ■ ロープ作業

ロープ作業は、2本のロープと下降するための機材を用いて建築物外面を降下して作業をする工法です。ロープ作業の特徴は建物外装のピンポイント作業や外装全面の作業まで幅広く対応が可能なことです。また足場架設、高所作業車、ゴンドラなどの機材を用いての作業が建物立地などの条件によって困難な場合でもロープ作業だと大半は対応が可能です。

 ■ 高所作業車(トラック搭載式)

高所作業車は時間の削除、工数の低減、などの簡略化が図れます。複数の作業者を乗せての同時作業による効率化など、総合的に合理化することができ、メンテナンス時間を大幅に短縮することが可能となります。

 ■ 高所作業車(自走式)

外壁洗浄自走式高所作業車は電源バッテリーで起動。エンジン式ではないので室内のメンテナンス作業も可能。走行性・上昇、下降等機動性 に優れ複数の作業者を乗せての同時作業による効率化など、総合的に合理化することができ、メンテナンス時間を大幅に短縮することが可能となります。

 ■ 本設ゴンドラ 

本設ゴンドラは建物外装メンテナンスのために建物付属設備として建物の建設時から屋上に設置され軌道式(走行レールを敷設し、その軌道上をゴンドラ台車が走行する方式)・無軌道式(ゴム車輪で屋上面を走行する方式)・固定式(台車や吊り元が移動しないで固定されている方式)と主に三種類のタイプがあり定期的な外装メンテナンスで活躍しております。

 ■ 仮設ゴンドラ 

仮設ゴンドラは主に外装改修工事等で一時的に架設して使用されています。改修工事で枠組足場を使用した場合と比較した場合、仮設ゴンドラは工事環境に合わせ選べる機材がそろっていて施工範囲にだけ架設することも可能で合理的で居住性を損なわずに工事、スポットメンテナンスを可能にします。

 ■ チェアゴンドラ 

チェアゴンドラは一人乗り用ゴンドラとして主に外装改修工事等で使用され一人でも簡単に設置、移設できるので、外装補修作業はもちろん調査・診断なども迅速に行うことができます。また、小型なので狭い場所での作業にも最適です。

 ■ アルミローリングタワー 

アルミローリングタワーは組み立て移動式足場で作業合理化はもちろん組み立てに関する複雑な専門知識を必要とせずに工具なしで組み立てから分解できて軽量でコンパクトに設置できます。電源や排気を気にせず作業できるので建物の内装、外装を問わずにあらゆる箇所での使用が可能です。

 ■ 足場  

足場架設は主に新築、大規模改修工事でよく用いられ施工品質や作業者の安全性の面でとても優れた工法で建築においては欠かせない工法です。近年、低層・中層の建物ではクサビ部分を手ハンマーで打ち込むだけの、簡単構造のクサビ式足場の開発によって組立時間を短縮し足場架設コストの低減を実現して「ビケ足場」として多く用いられております。

 ■ 高圧洗浄機  

高圧洗浄機は水圧を高めた水を噴射し高圧の水を噴射することで汚れをはがしてくれるので強力な洗剤を使うこともなく、水だけでキレイにしてくれる環境にも優しい清掃機材です。清掃作業においては洗浄、すすぎなどで用いることにより洗浄時間を短縮し仕上がりの向上においても活躍しております。


弊社のロープ作業なども同様ですが近年ネット等では「足場コストを削減した無足場工法」という見出しが増加していますが、どんな作業工法にも得手不得手は存在しますのでコスト削減をお考えであれば建物の状況、条件に応じた安全で無駄のない作業工法の選択が必要となります。

各資機材を用いての金額や工期の差を比較した場合、建物の高さ、建築条件、メンテナンス内容によりそれぞれの優位差が生じ一概に比較して善し悪しを判断することはビルメンテナンス業務経験者でもとても難しいことです。

弊社においては御見積前に現場作業経験25年以上の現場作業を熟知した専門営業スタッフが現地調査をさせていただき、物件の条件にあった最適な作業工法の選択によりお客様にご満足していただける最善のコストをめざして最大限努力してご提案させていただきます。

また清掃作業に必要な各資材、機材や洗浄機、高所作業車、仮設ゴンドラなども一括にお手配をお引き受けいたします。

ビルメンテナンス、高所作業のことなら、まずはお気軽にご相談ください。